コンプライアンス求人が東京や大阪に少ない理由

コンプライアンス求人を探している方へ!業界特徴や給与、注意点を解説!

コンプライアンス職の転職市場でよく聞く「東京や大阪の求人は多いが地方は少ない」というウワサ…これってホント?その理由は?

コンプライアンス求人を探している方へ!業界特徴や給与、注意点を解説!のメイン画像

コンプライアンス求人が東京や大阪に少ない理由

コンプライアンス職の転職市場では「東京や大阪の求人は多いが地方は少ない」という声がよく聞かれます。

実際、こういったウワサを耳にしたことがあるという人もいるかもしれませんね。

ここでは、ウワサが本当かどうなのかについて解説していきたいと思います。

事実、コンプライアンス職の求人は都市圏に多く地方で少ない傾向にあると言えます。

その理由はいくつかあって、1つには、単純に都市圏には企業数が多いというのがあります。

そのため、求人数も数えきれないほどあり、一か所で落ちたとしても、すぐにまた次の募集を見つけることができます。

そのため、未経験の人やスキルや資格にあまり自信のない人でも挑戦しやすい環境と言えるでしょう。

また、他の理由としては、東証一部上場などの大企業が多いというのもあります。

法務関連、とりわけコンプライアンス部署は、規模の大きな会社には必ずといっていいほどありますが、規模の小さな会社には独立して設置されていないこともあります。

法務関連を重視する証券会社や銀行などの金融機関の本社も東京・大阪にあることが多いです。

それゆえ、必然的に大企業の多い東京・大阪に求人が集中しやすいのは当然とも考えられますね。

ただ、最近では大企業の地方移転の動きも盛んになっています。

そのため、これからは地方都市にもコンプライアンス職の求人は増えることが予想できます。

そういった意味では、場所を問わず続けられる一生モノの職業とも言えるでしょう。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント